完売至上主義!

2020年3月21日

どうもー!トマト大好き!
販促インストラクター
みんなのトマト店長ですピーン!

食品業界は季節のイベントや行事の仕掛けが早いですよね♪
年々早くなってる様な気もしますが(笑)

特にコンビニ業界さんの展開はめっちゃ早い♪
うちの近所のコンビニさんでは、昨年のクリスマス前から
既に節分の恵方巻の予約告知がされててびっくりしました!!

僕がいた食品スーパー業界もお正月明けから
売り場を節分に変えていきますが、

この時期はイベント盛沢山で、バレンタインもすぐ控えているので
入口催事売り場展開に苦労したことを思い出します。


あ、節分と言えば恵方巻、

大量廃棄、食品ロスの問題で大きく報道に取り上げられ
それぞれの業界での取り組みが昨年話題になりました。

でもですね食品ロスは恵方巻だけじゃないんですよ。
普段からまだ食べられるのに多くの食品が廃棄されて問題となっています。

日本の食品廃棄物等は年間2842万トン!そのうち食品ロスは646万トンも!!

毎日大型(10トン)トラック1,770台分を廃棄していることになり、一人あたりに換算すると、毎日「お茶碗一杯分の食品を廃棄している」ことになるんですって!

そして、この廃棄量は、国連世界食糧計画(WFP)による主にアジアやアフリカなどの飢餓に苦しむ地域への国際社会の食糧援助量(約320万トン)の2倍近くにも相当する!!どう思いますか皆さん!

食品ロスの内訳は

事業系廃棄物由来は約357万トン!
家庭系廃棄物由来は約289万トン!

モノが溢れ切ってる時代です。
ですが限りある資源(食物)です。

お金があれば何でも買える。
いつまでそんな時代が続くのでしょうか?

それにしても自分勝手でもったいない事ですよね。

販売する立場から考えても大きな問題です!

商人として大切な事として、仕入れた商品は売り切る!と言うことがあると思います。売り切らないと足の速い(日付の短い)商品はすぐ廃棄ロスに繋がります!恵方巻もそうです。

廃棄するという事は売上0円になります。当然ですよね。売れずに廃棄する訳ですから売上は0円です。

でもよく考えて下さい、この廃棄した商品を販売する為にコストがかなりかかっています。商談交渉~仕入れ発注でかかる人件費、問屋さんやメーカーさんからの配送費、売り場に出す為の加工費+加工する人の人件費、そして売り場に陳列する人の人件費等など言い出したらキリがありません!まだ販促費だなんだってかかってます。

だからマイナスなんですよね。0円じゃなくてマイナスです!!

商品は仕入れた段階で原価プラス販売する為の経費がかかっているので、廃棄しちゃったらお店さんや企業さんにとっては物凄くマイナスなんですよ。

お金のだけじゃないです、その商品を作った方や会社、生産者の方それぞれの想いも一緒に捨てちゃう事になります。ここが一番つらい!

あ、お店で商品加工されてる方の頑張りも売り切らないとゴミ箱へぽいって
簡単に捨てちゃう事に・・・。

なので店長時代に朝礼や会議で「売り切ろう」とみんなによく話をしていました。

完売至上主義です!
仕入れ過ぎちゃったり、作りすぎちゃったら売り切る努力をしましょう!

昨年は節分の恵方巻はみんなで協力してお客様におすすめし完売しましたね♪

昨年のお店の売り場です。
ここに更に時間差で商品が本部から届きました、

ありがとうございます!
完売でございます!

今年もやってくる節分そして恵方巻!

食品ロスにならない様に美味しく頂きましょうね♪
ピーン!!

トマト店長にご用の方はメールにてお問い合わせ下さい。
お急ぎの方はお電話にてお問い合わせ下さい。 ☎️0577-32-3967
トマト店長YouTubeチャンネル!
動くトマト店長をご覧いただけます(笑)
チャンネル登録お願いしますピーン!